DIYパーツ

車内の温度を快適に保つ!200系ハイエース TRAVOIS リヤヒーターコントローラー

車内の温度を適度に保ちたい・・・そんなときに!

・リヤヒーターが暑すぎる
・風量の調整が遠い
・ヒーターの温度調整をしたい

・・・といった不満と要望を一度は思った方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめの商品が、こちら!

200系ハイエース TRAVOIS リヤヒーターコントローラー

200系ハイエースの純正リヤヒーターは非常に性能が良く、風量をLo(弱)に設定しても暑くなりすぎて快適に使えず、リヤヒーターをON・OFFしなければならない場面が多発します。「TRAVOIS リアヒーターコントローラー」は、それを改善するために考え開発された商品です。

ダイアルタイプのスイッチで温度を設定すれば、あとは自動でその温度を保つように風量を調整するので手間もかからず快適な車内環境を維持できます。

動作としては以下のようになります。(温度を25℃にセットしたと仮定します)

写真のスイッチを25℃にセットしてエンジンを掛けます

リヤ空調のスイッチを入れます

冷却水の温度が上がります

冷却水がある温度になるとリヤヒーターのファンが回り始めます

設定した25℃近くになるまでファンが「強」で回ります

設定した25℃付近になると風量を弱めます

温度が25℃より下がると風量を強くし、温度が25℃より上がると弱く・・・を繰り返し一定を保ちます。

※制御はリヤヒーターのみです。
※純正スイッチはバイパスしますので使えなくなります。
※スイッチはフロントに取付ですが、コントローラー本体と水温センサー、温度センサーはリヤヒーター本体に取付が基本となりますので、ヒーターが見えない、もしくはヒーターカバーが外れないような細工、架装がされている車両は架装してない車両よりも取付に時間がかかります。
※スイッチの温度はあくまでも目安であり、車両によって誤差が発生します。

※お取り付けの難易度について※

リヤヒーターコントローラーへのお問い合わせの中で「自分で付けられますか?」といったご質問を多く頂きます。一つの目安として「車内のパネルを外す」「インパネをばらす」「電工ペンチの類をお持ちでナビゲーションなどがスムーズに取付出来る」技術をお持ちであれば取付出来るかもしれません。どれか一つでも「自信がない」「やったことがない」場合には、ショップ、業者に依頼されることをお勧めします。

商品ページはこちら >> 200系ハイエース TRAVOIS リヤヒーターコントローラー

mami

mami

投稿者の記事一覧

わんちゃんをこよなく愛すいぬばかです。パピヨンとチワワの二頭飼い!たべることが生きがいです。

トランポについてはまだまだ勉強中ですが、初心の気持ちを忘れず、丁寧な対応を目指し業務にあたっています。

関連記事

  1. トランポやキャンピングカーへの常備をおすすめー使い捨てトイレバッ…
  2. 200系ハイエース、NV350キャラバンに装着可能な防虫ネット
  3. 200系ハイエースにはエアコンフィルターが標準で装着されていませ…
  4. アウトドア・車中泊に最適な小型軽量で大容量のリチウムイオン蓄電池…
  5. FLOJET(フロージェット) トリプレックスのユーザーレビュー…
  6. ドアをちょっとだけ開けてロックできる!車中泊時の車内の換気に便利…
  7. ディーゼル車にも対応したジャンプスターターーVoltMagic(…
  8. 車中泊やアウトドアでも使える充電式のLEDライト。配線不要だから…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 200系ハイエース レーザーシェードのユーザーレビュー
  2. 200系ハイエース、NV350キャラバンに装着可能な防虫ネット
  3. オグショー フォトグランプリーたくさんのご応募ありがとうございました!
  4. NV350キャラバン専用 ESフックのユーザーレビュー
  5. 200系ハイエース ESアームレスト PLUSのユーザーレビュー
PAGE TOP