News&Topics

200系ハイエース ESアームレストPLUSのラインナップが変わりました。

ロングドライブに欠かせないアイテム「ESアームレストPLUS」。右ひじの置き場がしっくりこない・・・。そんな悩みを解決するアイテムです。右肘の置き場所がが落ち着くことで長距離の移動が快適になります。

アームレスト高さが3種類になりました

これまでのLoタイプ、Hiタイプから、Loタイプ、Midタイプ、Hiタイプの3種類にラインナップが変更されました。「Loタイプ」は、クッション性を保ち、肘を掛けた時の強度を確保した状態で、限界まで低くした高さになっていて、ESアームレストESアームレストL(延長タイプ)を装着された場合、ほぼ同じ高さとなります。「Midタイプ」はESツインコンソールボックスとほぼ同じ高さとなります。「Hiタイプ」はESアームレスト Hi(ハイ)とほぼ同じ高さとなります。背もたれを起こして運転される方にお勧めできます。ドライビングポジションに合わせてお選びください。

ボルトオンで取り付けられます

ドアポケットの中にもともとある純正ビス2本で固定することにより、ボルトオンで装着でき、ドアの開閉時などに外れてしまうことが無くなりました。

運転席側、助手席側のセットでの装着をおすすめします。ジャンルを問わず、さまざまなシーンで活用できるアイテムです。

商品ページはこちら>> 200系ハイエース ESアームレスト PLUS

NV350キャラバン用はこちら>> NV350キャラバン ESアームレスト PLUS 1個

zuno

投稿者の記事一覧

おもにサイトの更新業務を担当しています。
分かりやすく、見てるだけでワクワクするようなサイト作りを心がけています。

出身地:静岡県磐田市
好きなこと:スポーツ観戦。コーヒーを飲みながら想いにふける。写真撮影。

関連記事

  1. ジャパンキャンピングカーショー2018ーG&Yuバッテリー ジー…
  2. トランポの基本アイテムー200系ハイエースにESフロアパネルを取…
  3. 東京オートサロン2018ーCRAFTPLUS ビーンズ
  4. 200系ハイエースにESアームレストPLUSを取り付けました。
  5. これぞ究極のウィンドウパネル活用ーESヘルメットトレー
  6. ジャパンキャンピングカーショー2018ーDometic ドメティ…
  7. 200系ハイエース NV350キャラバン 車中泊おすすめアイテム…
  8. 道の駅オグショーでお馴染み「ならここの里」でキャンプを楽しんでき…

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. トラッパー初体験!からの「いいね!オグショー」ステッカー!!
  2. 緊急時の必需品ートランポに防災グッズ常備の提案
  3. 200系ハイエース ESフリップベッドのユーザーレビュー
  4. 200系ハイエースS-GLに、ESフロアパネルを装着しました。
  5. 200系ハイエース OHLINSショックアブソーバー トランポモデルのユーザーレビュー
PAGE TOP