すべての記事

積み重ねてきた技術力とこだわりの品質を魅せる「ベッドキット」とは

「ベッドキット」へのオグショーのこだわり

オグショーオリジナルベッドキットは、ボックスやマットをすべて自社で製造。マットの縫製も自社の縫製部門で行ない、すべての工程において、スタッフ自らが技術や経験を生かし、こだわりのベッドキットに仕上げています。

オグショーオリジナルベッドキットは、使用する目的や状況に合わせて選べられるよう、さまざまなタイプをご用意。それぞれにコンセプトがあり、試作、テスト、改善を重ねて、実用性や耐久性に優れた一品となっています。あなたのトランポには、どのタイプのベッドが最も適していますか?

ESフラットベッド ボックスタイプ ー オグショー製ベッドキットの代名詞

全面に広がるフラットベッドスタイルは、車中泊やちょっとした休憩に最適です。また、土台のボックス内とベッド下への収納力は、他のベッドにはない、このベッドならではの魅力といえます。ベッドマットはすべて脱着できますので、背の高い積載物を積載する際には、マットをサイドボックスの上に立てかけて、付属のベルトで留めておくことが可能です。シンプルな構造ながら居住性と収納性に優れたベストセラー商品として今なお人気の高いベッドキットです。

ベッド展開時にベッド脚が無いのも特徴で、幅が広い物もマット下に積載したままベッドの使用が可能です。200系ハイエースは、マット上面高さをH400mmタイプ・H510mmタイプからお選びいただけます。 天井までのスペースをできるだけ確保し居住性を重視される場合はH400mmタイプ、ベッド展開時でもマット下の収納を重視される場合はH510mmタイプがお勧めです。

※ESフロアパネルRとの同時装着が必須です。(200系ハイエースの場合はステップオーバータイプ。4型以降のデュアルパワースライドドア装着車の場合は標準タイプ)

【200系ハイエース】

【NV350キャラバン】

【NV200バネット】

フリップベッド ー 3種類の跳ね上げタイプ

フリップベッドは、ラゲッジルームを可能な限り広く活用するために開発されたフレームタイプの跳ね上げ式ベッドキットです。片面でもベッドとして展開できるため、バイクや自転車などの積載に最適なレイアウトとなります。マットを跳ね上げると、ラゲッジスペースを収納スペースとして荷室を最大限活用することができます。

※ESフロアパネルは必須ではありませんが、よりベッドが安定するため同時装着をお勧めします。

ESフリップベッド

人気No.1のベッドキットです。シチュエーションに合わせてスタイルを変えることができます。例えば、両側のマットを跳ね上げてラゲッジスペースを収納スペースとして使用できる「広々収納スタイル」。片側のマットのみを跳ね上げ、片面ベッドとしてお使いいただくことが可能な「ベンチスタイル」。また、両側のベッドを展開することで、ラゲッジルームを全面ベッドスペースとして使用できる「ベッドスタイル」と、多彩なスタイルを持ち合わせたマルチなベッドキットです。

ESワンフリップベッド

ESフリップベッドを片面だけのベッドにした仕様です。片側の空いたスペースにはバイクや自転車などの荷物を積載。一人で使用するなら十分のベッドスペースが確保できます。もちろん、ベッドを跳ね上げれば、広いラゲッジスペースができあがります。常に荷物を積載している方や、ベッドを展開しつつ荷室を最大限に利用したい方にお勧めです。

ESダブルフリップベッド

全面ベッドスタイル、ベンチスタイル、両面跳ね上げての広々収納スタイルと、使用用途や積載する荷物に合わせてマット展開を変えられる、高機能で人気のダブルフリップベッドです。センターマットを外してサイドに立てかけると、両面ベンチスタイルになります。ちょっとした休憩時に、また家族やお友達との団らんなどに適したスタイルです。センターに高さのある荷物を積載した状態で両面ベッドとして使用できるのも魅力の1つです。

 

※ESフロアパネルは必須ではありませんが、よりベッドが安定するため同時装着をお勧めします。

【200系ハイエース】

ESフリップベッド

ESワンフリップベッド

ESダブルフリップベッド

【NV350キャラバン】

ESフリップベッド

ESワンフリップベッド

ベッドマットの生地は2タイプからお選びいただけます

ブラックレザー

オグショーが独自に開発したオリジナルビニールレザー。トランポでのハードな使用を想定し、一般的なビニールレザーと比べ、耐久性に優れた生地に仕上げました。見た目にも高級感があり、お手入れも容易で、さまざまなタイプのトランポユーザーにお選びいただいています。

ブラックモケット

創業時からの定番生地といえば、このモケット。「モケット」とは布地の一種で、簡単に言えば、じゅうたんの毛を短くカットしたような風合いです。肌触りが良く、通気性に優れた生地。この生地の肌触り、快適さを知ると、他の生地には変えられない・・というユーザーもいて、根強い人気があります。

どちらの生地にもメリット・デメリットがあります。ただ、おおまかに区別するならば、トランポとしてハードに使う車輌には、水や汚れに強いレザー生地のほうが適しているようです。逆に、主に車中泊や車内での休憩をメインとして使用する車輌には、肌触りの良いモケット生地がお勧めです。

kano

投稿者の記事一覧

ハイエース・キャラバンなどのトランポを勉強中です。
通販サイトを通じて、皆さんに満足していただけるよう頑張ります。

趣味:食べ歩き、ウェブブラウジング
特技:スポーツ(球技)
好きな食べ物:ラーメン、海鮮
嫌いな食べ物:ピーマン

※当ブログのコンテンツや情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めていますが、正確性や安全性を保証するものではありません。ブログ投稿時の情報に基づいているため、商品の仕様や適合情報、価格などが変更されている場合もありますのであらかじめご了承願います。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

このカテゴリーの他の記事

最近の記事

カテゴリー一覧